pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド

[ 2011年08月04日 - PAYMENT WORLD ]リンク・プロセシングがスマートフォンを活用したクレジットカード決済ソリューション「Anywhere」を開始

2011年8月4日19:30

ペイメントカードの国際セキュリティ基準であるPCI DSS Version 2.0に準拠しているリンク・プロセシング(関連記事)は、2011年8月2日、グローバルネットワークサービス(GNS)、三栄電機と協力し、スマートフォンを活用したクレジットカード決済ソリューション「Anywhere」を開始すると発表した。

スマートフォンを活用したクレジットカード決済ソリューション「Anywhere」(出典:リンク・プロセシングのプレスリリース)

同ソリューションでは、三栄電機が販売する決済端末「ScanJacket」でクレジットカード情報を読取り、スマートフォンにインストールしたクレジットカード決済アプリ「Anywhere」を直感的に操作して、決済処理を行う。

ScanJacketは、欧米を中心として、すでに6万台以上の利用実績があり、同端末を用いたクレジットカード決済ASPソリューションはAnywhereが日本で初めての事例となる。また、Anywhereでは、GNSが提供するスマートフォンやタブレットに対応したスマートPOS「FLAVIUS」との連動を実現した。これにより、スマートフォンさえあれば、ScanJacketのバーコードリーダ機能およびカードリーダ機能を用いて、オーダリングやレジ操作などのPOS処理からクレジット決済処理までをシームレスに処理することが可能だ。

クレジットカード情報はScanJacketで読み取った時点で暗号化処理を行うが、リンク・プロセシングの決済センターにおいてのみ複合化処理が行われる。同社の決済センターは、PCI DSS V.2.0に完全準拠しており、高品質なセキュリティレベルで決済システムを提供できるという。

なお、日本最大の野外ロックフェスティバルFUJI ROCK FESTIVAL’11 Official Shop「岩盤」におけるイベントグッズやアーティスト関連グッズ販売や、エイベックス・プランニング&デベロップメントが運営するダイニングレストラン「BODY BALANCE DINING mu-MU」(西新宿店は8月2日、銀座店は9月上旬より運用開始)および国内最大級のダンスイベント「DanceNATION」会場内においては、各加盟店とクレジットカード会社が直接契約の上、Anywhereを用いて、JCB、Visa、MasterCard、AMEX、Diners、DISCOVERのクレジットカード決済サービスを提供する。

Anywhereでは、クレジットカード決済機能およびFLAVIUSとの連携機能を実現したが、今後も銀聯決済機能、ポイント機能、プリペイドカード機能などのサービスを順次追加していく予定だ。また、スマートフォンを用いた業務改善ソリューションとの連携についても、アライアンスパートナーの拡大を計画している。 

PCI DSS資料請求はこちら

pci dss 目的から資料請求 pci dss 12要件から資料請求
pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド