pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド

[ 2011年09月15日 - PAYMENT WORLD ]SBPSが提供する「オンライン決済ASP」とサードネットワークスが提供するワンタイムパスワード認証サービス「SecureOTP」が連携

2011年9月15日13:10

ソフトバンク・ペイメント・サービス(SBPS)とサードネットワークスは、2011年9月15日、SBPSが提供する「オンライン決済ASP」とサードネットワークスが提供するワンタイムパスワード認証サービス「SecureOTP(セキュア オーティーピー)」を連携し、SBPSのオンライン決済ASPを利用する事業者に決済の認証を強化するオプションサービスを展開すると発表した。

サードネットワークスが提供するワンタイムパスワード認証サービス「SecureOTP」

SBPSのオンライン決済ASPは、クレジットカードや電子マネーなどの決済手段の提供に加え、決済に関わる手続きや各決済機関との契約、収納代金の入金管理までトータルでサポートするオンライン決済のASPサービスである。さらにPC、携帯電話のほか、iPhone、Android搭載端末などのスマートフォンにも対応するなどマルチデバイス化を実現している。

サードネットワークスのSecureOTPは、携帯電話やiPhone、Android搭載端末などのスマートフォンのアプリや、キーホルダー、カード型など利用環境に合わせたトークンから使い捨てワンタイムパスワードを生成する認証ASPサービスである。すでにパスワードの盗用によるゲームユーザーのなりすましを防ぐために、オンラインゲームを提供する企業などで利用されている。

今回、両社のサービスを連携させることにより、オンライン決済ASPを利用する事業者は、決済手段と併せて信頼性の高いセキュリティ技術の認証サービスを導入することが可能になる。これによってなりすまし行為などの不正を防止できるため、運営サイトのリスク軽減につながると両社では自信をみせている。さらに、SecureOTPが導入されていることで、利用者が安心してサービスを利用することができるという。

なお、SBPSは2010年8月に社団法人 日本オンラインゲーム協会へ準会員として加入した。日本オンラインゲーム協会は3-Dセキュアの100%の普及を目指すなど、セキュリティ強化に取り組んでいる。

PCI DSS資料請求はこちら

pci dss 目的から資料請求 pci dss 12要件から資料請求
pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド