pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド

[ 2011年11月01日 - PAYMENT WORLD ]米国現地法人がATM向けにソリューションを発表(日本通信)

2011年11月1日13:38

日本通信の米国現地法人CSCT(Contour Networks:コントゥアー・ネットワークス)は、日本通信のもつ特許技術に基づき、高セキュリティを実現する無線の専用線が利用できるモバイル通信統合型機器Contour AirJack 4をリリースした。AirJack 4を導入すると、ATM(現金自動支払機)やPOS端末、キオスクなどの機器のオーナーは、トータル接続コスト(TCC: Total Cost of Connectivity)を最大50%削減できるという。

米国でATMは、空港やショッピングセンターのほか、屋外のさまざまな場所に設置されている。展示会やスポーツイベントのような仮設の場所にも可動式ATMが用意されるため、固定に比べて移動させやすく、設置場所を選ばない無線によるデータ通信が求められている。 Contour Networks のCEOであるMarc J.Winnは「私たちは、ユニークなソリューションとして、米国で唯一PCI DSSの認定を受けた無線専用線と最良のカスタマー・サポートを、最も安いトータル料金で提供します」と述べている。

Contour Networksは、2006年以来、PCI DSSの認定を受けた無線専用線接続、全国をカバーするモバイル・ネットワーク、24×7カスタマー・サポート、遠隔から機器を管理できる専用ポータルサイトを提供し、ATMやPOS端末、キオスクを保有・運営するお客様に、高セキュリティを実現するサービスを提供している。

AirJack 4は、IPインターフェースをもつ各種リモート装置をモバイルのIPネットワークに接続するモバイル通信統合型機器で、Contour Networksのソリューションを強化するものである。米国を広くカバーするCDMA 2000ネットワークをサポートし、RJ-45 100/10Mbpsイーサネット・ポート、ファイアウォール、バックアップ機能を有している。

PCI DSS資料請求はこちら

pci dss 目的から資料請求 pci dss 12要件から資料請求
pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド