pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド

[ 2011年11月11日 - PAYMENT WORLD ]PCI DSSの普及を目指す日本カード情報セキュリティ協議会が秋のコミュニティミーティングを開催

2011年11月11日8:27

PCI DSSの認定セキュリティ評価機関「QSA」、認定スキャニングベンダー「ASV」、製品ベンダーなどが中心となり活動する日本カード情報セキュリティ協議会(JCDSC)は、2011年11月10日、TKP東京駅日本橋ビジネスセンターホールで秋のコミュニティミーティングを開催した。2009年4月に設立したJCDSCは、11月2日現在、107社が参加している。

運営委員長のBSIグルーブジャパン 武藤敏弘氏

冒頭、運営委員長のBSIグルーブジャパン 武藤敏弘氏は、「今年の春以降、数多くの情報漏えい事故が起きており、情報セキュリティをもう一度見直すタイミングに来ていると思います。日本カード情報セキュリティとしても事業継続も合わせた形で情報セキュリティを推進していきたい」と語った。

今回のコミュニティミーティングでは、アリゾナ州スコッツデイルで開催された「PCI SSC主催2011年コミュニティミーティングのフィードバック」、JCDSCに加盟するQSAがPCI DSS要件の解釈の緩やかな統一を図るための場である「QSA部会活動報告」「関連団体などと連携したQSA部会ワーキング活動」、製品ベンダーの情報交換の場である「ベンダー部会活動報告」、ペイメントアプリケーションのセキュリティ基準である「「PA-DSSの基本と国内普及の状況と課題」などを協議会のメンバーが説明した。また、会の最後には、「標的型攻撃に関するディスカッション」を実施し、活発な意見交換が行われた。

PCI DSS資料請求はこちら

pci dss 目的から資料請求 pci dss 12要件から資料請求
pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド