pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド

[ 2011年12月06日 - PAYMENT WORLD ]アプラスに対し、共同利用型不正検知サービス「CARDSavior」の提供を開始(SCSK)

2011年12月6日15:06

SCSKは、クレジットカード会社のアプラスに対し、クレジットカードの不正利用の検知および未然防止を強化するために、2011年11月から、共同利用型不正検知サービス「CARDSavior(カードセイバー)」の提供を開始したとリリースした。

社団法人日本クレジット協会(JCA)発表の「クレジットカード不正使用被害の発生状況」によると、クレジットカードの不正使用による被害は2000年に308億円でピークを迎えたが、クレジット各社による不正検知システムの導入やICカード化などにより2010年には92億円まで減少をしている。しかし、ECなどの非対面決済の増加により、不正手口はより複雑化するとともに日々変化しており、不正検知業務には迅速かつ精度の高い対応が求められている。

SCSKでは、1997年より培ってきた不正検知システムのノウハウを最大限活用し、共同利用型不正検知サービスCARDSaviorを提供している。今回アプラスにおいて、SCSKの不正検知分野におけるサービス提供実績や、非対面取引での不正トレンドをカバーしたCARDSaviorを活用することによる不正検知精度の向上、システム運用コストの低減などを評価され、CARDSaviorが採用された。CARDSaviorは、これまで各社ごとにアプリケーション開発およびインフラ導入していた不正検知システムを、共同利用型のクラウドサービスとして提供する。これにより、各社で個別に入手・蓄積してきた不正情報を参画各社で共有し対策を打つことで、高い検知精度を実現することが可能だ。

導入効果としては、店舗・ECサイトなどの取引チャネルごとに構築されたコンソーシアムスコアリングモデル(複数社における不正取引事例)の活用、同社アナリストによる能動的な不正傾向への監視・スコアリングモデル補正対応実施、非対面不正の検出に有効な同社独自ノウハウの提供により不正検知制度の向上が期待できる。また、国際ペイメントブランド5社が定めたペイメントカードの国際セキュリティ基準である「PCI DSS」へ準拠したサービスの提供、ISMSやFISC基準に準拠したシステムセンターでのサービス提供により、セキュリティレベルを強化できるという。さらに、共同利用によるシステム導入期間の圧縮、および投資コスト、オペレーションコストの圧縮が可能となる。

PCI DSS資料請求はこちら

pci dss 目的から資料請求 pci dss 12要件から資料請求
pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド