pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド

[ 2011年12月21日 - PAYMENT WORLD ]ベライゾンのICSA Labs、2012年に企業や消費者を狙う 13のセキュリティ脅威を予測

2011年12月21日9:30

ベライゾンのICSA Labsでは、米国時間の2011年12月15日、企業や消費者を狙う2012年のセキュリティ脅威を予測し、発表した。

ベライゾンの2011年度データ漏洩/侵害調査報告書によると、データ攻撃の数値は過去5年で3倍と増加しており、企業および生活者にとって、セキュリティとリスクのバランスをとる必要性は、ますます重要になってくる。こうした傾向を踏まえ、ベライゾンのICSA Labs部門は、2012年に、以下13のセキュリティ脅威に対して企業や消費者が警戒すべきと提言している。

「モバイル・マルウェアの急増」
「アプリケーション・ストアが感染の標的に」
「アプリケーション評価システムの開発/実装」
「セキュリティ組み込み型の銀行向けアプリケーションの登場」
「ハイパーコネクティビティがもたらす、アイデンティティとプライバシーの課題」
「医療記録のデジタル化に伴う新たなリスク」
「モバイル機器と医療機器の結合が始まる」
「スマートグリッドセキュリティ標準化の持続的な推進」
「IPv6に関する新たな懸念の浮上」
「ソーシャル・エンジニアリングの脅威が再浮上」
「セキュリティ認証プログラムのニーズが高まる」
「『ビッグ・データ』がさらに巨大化し、セキュリティニーズが増加する」
「もはや必須と言えるオンライン・アイデンティティの保護」

PCI DSS資料請求はこちら

pci dss 目的から資料請求 pci dss 12要件から資料請求
pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド