pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド

[ 2012年10月22日 - PAYMENT WORLD ]顧客情報を保持するサーバに対して不正アクセス、クレジットカードおよび取引情報の一部が漏えいの可能性(ネットオフ)

2012年10月22日23:34

古本・CD・DVD・ゲームの買取・中古通販サイトのネットオフは、2012年10月19日、顧客情報を保持するサーバに対して不正アクセスしたと思われる痕跡があり、クレジットカードおよび取引情報の一部が漏えいした可能性があると発表した。現在、専門調査機関による調査を実施している。

流出の可能性がある個人情報は、2011年4月1日~2012年9月4日の期間、同サイトで販売している商品を購入し、従来の携帯電話サイトでクレジットカード決済を利用した個人情報となる。不正アクセスされた個人情報を保持するサーバには、当時、最大で1万589件の個人情報が蓄積されており、同情報が流出した可能性があるという。

なお、判明している不正アクセス経路については、当該経路を封鎖した。また、同携帯電話サイトは発覚よりカード決済を停止し、2次被害に対しての対策を実施している。

同社では今後、全社をあげてセキュリティ対策の強化、再発防止を図っていくそうだ。同社では、引き続き、調査・原因の究明・対策の実施を行い、解明した内容、追加での対策等につきましては、都度報告するという。

PCI DSS資料請求はこちら

pci dss 目的から資料請求 pci dss 12要件から資料請求
pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド