pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド

[ 2012年12月20日 - PAYMENT WORLD ]2013年4月から「ワンタイムデビット」がカード番号の繰り返し利用にも対応(ジャパンネット銀行)

2012年12月19日19:13

ジャパンネット銀行は、同社が展開する「JNBカードレスVisaデビット」(ワンタイムデビット)をより多くのシーンで利用してもらうため、1つのカード番号を最長5年間繰り返し利用できるなど、2013年4月にサービスの変更を行うと発表した。

サービス変更のポイント(出典:ジャパンネット銀行のプレスリリース)

ワンタイムデビットは、世界中のVisaマークのあるWebサイトで利用いただけるVisaデビットサービスである。会員は利用者自身で、ジャパンネット銀行のWebサイトからカード番号を発行でき、カード番号は同時に4つまで持つことが可能だ。

2013年4月からは、現在の買い物ごとにカード番号を使い切る方法に加え、5年間の有効期限まで繰り返し利用することも可能になる。例えば、日常的に利用しているネットショップでは、毎回カード番号を発行することなくスムーズに買い物ができるようになる。また、カード番号を利用しないときは利用停止機能を使いカード番号ごとにロックすることで、セキュリティを保つという。

さらに、現在の利用限度額は1カード番号あたり原則10万円だが、変更後は各カード番号合計で1日あたり100万円まで使用可能となる。

PCI DSS資料請求はこちら

pci dss 目的から資料請求 pci dss 12要件から資料請求
pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド