pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド

[ 2013年07月22日 - PAYMENT WORLD ]日本オラクルとTISがベリトランスのPCI DSS基準に対応した課金決済プラットフォームを構築

2013年7月22日20:58

日本オラクルとTISは、決済代行事業者のベリトランスがペイメントカード業界におけるグローバル・セキュリティ基準PCI DSS (Payment Card Industry Data Security Standard)に対応した課金決済プラットフォームをリニューアルし稼働開始したシステムにソリューション提供したと発表した。

同プロジェクトでは、日本オラクルが高速データベースマシン「Oracle Exadata」、セキュリティ製品「Oracle Advanced Security」とデータ統合ソリューション「Oracle GoldenGate」の提供を、TISが「Oracle Exadata」の導入およびデータ移行を担当した。

新課金決済プラットフォームは、「Oracle Exadata」の活用により、従来は最大360分を要したバッチ処理が15分に、30秒以上かかる検索処理件数は約200件/日から約10件/日に削減され、処理性能の向上を実現していたという。また、「Oracle GoldenGate」を活用することで既存システムのデータを「Oracle Exadata」に複製し、システムの停止時間を極小化することで新プラットフォームへの移行を可能にしたそうだ。

PCI DSS資料請求はこちら

pci dss 目的から資料請求 pci dss 12要件から資料請求
pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド