pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド

[ 2017年08月21日 - paymentnavi ]アンチマネーロンダリングの国際認定資格「CAMS」取得、カジノ施設向け決済ソリューション開発や情報発信へ活用(PSI)

2017年8月21日10:33

テックファームグループでカジノ施設向けモバイル決済ソリューションを提供するPrism Solutions Inc.(PSI)は、アンチマネーロンダリングに関する国際認定資格「CAMS(Certified Anti-Money Laundering Specialists)」を取得したと発表した。

「CAMS」は、ACAMS(Association of Certified Anti-Money Laundering Specialists)が提供する国際認定資格。資格取得にはマネーロンダリング・テロリストファイナンスの手口やこれらに対する最善の防止策など、世界各国の法制度やガイドライン、事務水準などに関する深い専門知識や分析能力が要されるという。アンチマネーロンダリングに関して先進国とされている米国で広く認知されている資格で、その内容は米国のカジノにおいてアンチマネーロンダリングに応用されており、日本国内のカジノ合法化実現に向けた課題の1つとされているマネーロンダリング対策においても活用が期待できるとしている。

今回、PSIの従業員が「CAMS」を取得し、アンチマネーロンダリングスペシャリストとして認定された。PSIはカジノ施設向けに近距離通信技術を活用したモバイル電子決済ソリューションを開発している。将来的にはカジノ施設内にあるスロットマシンなどゲーム機のほか、ホテルやレストランなどでモバイル電子決済に利用できるソリューションとしてNFC/FeliCa、Bluetooth LEなどの近距離通信技術に対応したハードウェア、サーバシステム、モバイルアプリケーションへの対応を目指し、早期の実証実験開始に向けた営業活動を進めていくそうだ。2017年2月からは、日本企業向けに情報提供を行っている。

PCI DSS資料請求はこちら

pci dss 目的から資料請求 pci dss 12要件から資料請求
pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド