pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド

[ 2017年09月08日 - paymentnavi ]セキュリティ性と意匠性に優れたホログラム開発、3次元CGを用いた立体物の色鮮やかな表現が可能(DNP)

2017年9月8日15:48

大日本印刷(DNP)は、3次元コンピュータグラフィックス(3DCG)で作成した立体的な映像を被写体にしたエンボスホログラムを開発したと発表した。

ホログラムのイメージ(DNP)

近年、クレジットカードや身分証の偽造による金銭的被害や、各種ブランド品の模倣による価値の低下が深刻な問題となっている。このような社会課題に対して各企業は、偽造や模倣を防止する対策に力を入れている。

同ホログラムは、高精細なCG表現による自然な立体感と質感、および鮮やかな色彩を表現できることが特徴だとしている。建造物の微細な膨らみや立体感、動植物の模様など繊細な質感の映像表現を可能にした。これにより、偽造・模倣防止の機能に加えて、より高いデザイン性を付与することが可能になったそうだ。

DNPは、ブランド保護が求められる高級商品、紙幣・商品券・ギフト券などの金券のほか、パスポートや国民IDカード、運転免許証など、高度なセキュリティが必要な製品などに新しいエンボスホログラムを展開し、今後3年間で約10億円の売上を見込んでいる。

大日本印刷株式会社

〒162-8001
東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号

国内ICカードシェアNo.1を誇る企業として、ICカードの製造・発行にとどまらず、 ASPソリューションとしてICカードに関連する多様なサービスを実現する 「CDMS(Card Data Management Service)」を提供しています。
ICカード・おサイフケータイへの即時発行から、地域通貨やポイントデータ管理、導入コンサルまで、デジタルセキュリティに枠を拡げた総合的なソリューションを提供し、スマートライフの発展に貢献していきます。

PCI DSS資料請求はこちら

pci dss 目的から資料請求 pci dss 12要件から資料請求
pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド