pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド

[ 2017年10月17日 - paymentnavi ]PCI DSS準拠・維持を目指す企業に向けてシステムログの確認を代行するサービス開始(DNP/BBSec)

2017年10月17日8:55

大日本印刷(DNP)と、セキュリティ診断・コンサルティングサービスを手がけるブロードバンドセキュリティ(BBSec)は共同で、クレジット業界における国際的なセキュリティ基準であるPCI DSSへの準拠及び認定取得を目指す企業に向けた新サービスの提供を2018年1月より開始すると発表した。DNPとBBSecは企業のログの確認を代行する新サービスを行うという。

サービスの提供イメージ(DNP/BBSec)

具体的に、PCI DSS準拠要件の1つである「日次ログレビュー」のために、365日欠かさず行わなければならないログの確認を代行する。同サービスを利用することで、PCI DSSへの準拠を目指す企業は、高額なログ収集・解析ツールの導入が不要となるだけでなく、高度な知識が要求される専用ツールを操作する専任担当者を用意する必要もないそうだ。

また、日々収集するログの確認は、BBSecの専門スタッフが行い、確認結果をまとめたレポートを365日、指定された宛先にメールで送信する。レポート内容の不明点など、メールや電話での問い合わせにも対応する。

さらに、必要なログに対する適正な確認結果レポートを毎日メールで受信することができるため、PCI DSS準拠を目指す企業は、同レポートメールを確認、保存するだけで、日次ログレビューの要件を満たすことができるという。なおログは、トランケート処理を行うため、クレジットカード情報(PAN)を含まない。送信中のログや保存データは、暗号化などによって安全は保たれるとしている。

価格は、初期費用150万円、月額費用30万円(税別)。オプションで、ファイルの改ざんを検知するサービスも提供する。DNPとBBSecは、2018年までにPCI DSS準拠を目指す企業約100社に対して同サービスを提供し、約5億円の売上を目指す。

大日本印刷株式会社

〒162-8001
東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号

国内ICカードシェアNo.1を誇る企業として、ICカードの製造・発行にとどまらず、 ASPソリューションとしてICカードに関連する多様なサービスを実現する 「CDMS(Card Data Management Service)」を提供しています。
ICカード・おサイフケータイへの即時発行から、地域通貨やポイントデータ管理、導入コンサルまで、デジタルセキュリティに枠を拡げた総合的なソリューションを提供し、スマートライフの発展に貢献していきます。

PCI DSS資料請求はこちら

pci dss 目的から資料請求 pci dss 12要件から資料請求
pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド