pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド

[ 2018年01月09日 - paymentnavi ]三井住友カードなどと複数のカードを1つにする「Wallet Card」を発表(Dynamics)

2018 年1月9日10:13

ダイナミクス(Dynamics Inc.)は、グローバルなカードブランド、カード発行会社、決済ネットワーク、および通信事業者と連携し、米国時間の2018年1月8日、電源付きのペイメントカード「Wallet Card(ウォレットカード)」を発表した(CESの発表資料)。

グローバルな決済ネットワークとして、Visa、Mastercard、およびJCB、グローバルな銀行やカードイシュアとして、三井住友カード(日本)、エミレーツNBD(UAE)、IndusInd(インド)、CIBC(カナダ)、グローバルキャリアとして、Softbank / Sprintといった企業が含まれている。

三井住友カードの「Walle Card」使用イメージ(CESのDynamics Inc発表資料)

Dynamicsのウォレットカードは、ラスベガスで1月9-12日に開催されるCES 2018でブース30359に展示された。また、CESにて、Cybersecurity部門でBest of innovation awardと3つのInnovation honaree awardをウォレットカードとウォレットカードコンソーシアムのメンバーが受賞した。CESの歴史の中で初めて、決済コンソーシアムがコンシューマーエレクトロニクス業界で最も権威のある賞を受賞したという。

消費者がウォレットカードを使用すると、消費者はボタンをタップして、1つのカードでデビットカード、クレジットカード、プリペイドカード、複数通貨カード、ワンタイムカード、ロイヤルティカードにアクセス可能だ。

仮にデータの漏洩が加盟店で発生した場合、銀行は侵害されたカード口座番号を直ちに削除し、直ちに新しい口座番号に置き換えることができる。また、消費者はカードをダウンロードすることで、即座に財布を復元することができます。

さらに、銀行(イシュア)は小売店やイベント、飛行機など、さまざまなシーンでウォレットカードを配布することができ、消費者はすぐにカードを有効にすることが可能だ。

PCI DSS資料請求はこちら

pci dss 目的から資料請求 pci dss 12要件から資料請求
pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド