pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド

[ 2011年05月16日 - PAYMENT WORLD ]PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)とはどんな基準ですか?

質問①

[Question]

PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)とはどんな基準ですか?

[Answer] 

PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)は、Visa、MasterCard、JCB、American Express、Discoverの国際ペイメントブランド5社が定めた、ペイメントカードのセキュリティ基準です。国際ペイメントブランドが付与されたカード情報を「処理、伝送、保存」する加盟店、サービスプロバイダが対象となります。カード決済に関するデータ保護が目的とされ、6項目12要件、約280項目が定められています。

従来、Visaは「AIS(Account Information Security)」(米国ではCISP)、MasterCard は「SDP(Site Data Protection)」、American Expressは「データセキュリティ運営方針(DSOP)」を定めていましたが、各ブランドで基準が異なると加盟店はそれぞれのブランドの基準に準拠しなければならなくなります。そのため、国際ペイメントブランドが連携して共通の基準を策定しました。

PCI DSS資料請求はこちら

pci dss 目的から資料請求 pci dss 12要件から資料請求
pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド
カード情報ポータルサイト ペイメントナビ CMSホームページ製作サービス ブラボーウェブ