pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド

[ 2011年05月20日 - PAYMENT WORLD ]電子マネーによる決済しか導入していない加盟店でもPCI DSSに準拠する必要はありますか?

質問⑤

[Question]

電子マネーによる決済しか導入していない加盟店でもPCI DSSに準拠する必要はありますか?

[Answer] 

ビットワレットの「Edy」、イオンの「WAON」、セブン&アイ・ホールディングスの「nanaco」、JR東日本の「Suica」などの交通系電子マネーは国際ブランドがついたカードを「伝送、処理、保存」していないため、PCI DSSに準拠する必要はありません。ただし、NTTドコモの「iD」、モバイル決済推進協議会の「QUICPay」、Visaと三菱UFJニコスの「Visa Touch(Smartplus)」、MasterCardの「PayPass」についてはポストペイ(後払い)型の電子マネーのため、PCI DSS準拠の対象となります。

※PayPassはクレジットだけではなくデビットカード(即時払い)、プリペイドカード(前払い)にも搭載可能となっています。

PCI DSS資料請求はこちら

pci dss 目的から資料請求 pci dss 12要件から資料請求
pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド
カード情報ポータルサイト ペイメントナビ CMSホームページ製作サービス ブラボーウェブ