pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド

[ 2011年04月05日 - PAYMENT WORLD ]IDS/IPS(Instruction Detection System/Instruction Prevention System)

IDS(不正侵入検知システム)は、ネットワークを常時監視し、不信なパケットやサーバの動作を検知すると、アラートを出して警告するシステム。ネットワークを流れるパケットを監視するネットワーク型IDSと、特定の機器にインストールしてそのシステム上で検知するホスト型IDSがある。ファイアウォール単体では、正当な通信を装った攻撃に対処できないこともあり、IDSでセキュリティを強化する。

IPS(不正侵入遮断システム)は、不正と思われるパケットを検知した時点で通信を遮断するシステム。IDSはアラートが上がってから対応にタイムラグが生ずることもあるため、IPSの機能で補完することができる。機能的にはIDSとIPSは分けられるが、製品レベルでは双方が予め搭載され、チューニングで機能設定することが多い。

PCI DSS資料請求はこちら

pci dss 目的から資料請求 pci dss 12要件から資料請求
pci dssサービス紹介サイト - ペイメントワールド