クレジットカードがどのようなきっかけで生まれ、変遷していったのでしょうか。

クレジットカード誕生

1950年代から、世界中に普及したとされているクレジットカード。なんと現代までに70年もの歴史があります。
そんなクレジットカードがアメリカで誕生してから日本国内に普及するまでに、一体どのような流れがあったのかを調べました。

 

 

起源はダイナースクラブ

ダイナースクラブ

第二次世界大戦が終結し、当時「繁栄の時代」といわれていた1950年代のアメリカ。
富裕層による国内消費の激しかった時代にクレジットカードは誕生しました。

 

世界初のクレジットカードを発行したとされている「ダイナースクラブ」ですが、実はそれ以前からクレジットカードに近いシステムは存在していました。

 

19世紀後半には、フランク(Frank)という通信や荷物の料金を支払う際に使用できるカードが発行されたり、石油会社やタクシー会社により紙製のクレジットカードが発行されたりしていました。

 

しかし、それらの物は体裁上クレジットカードと呼ばれていますが、ダイナースの発行したクレジットカードのように、個人がレストランなどで日常的に使用できるようなものではなかったため、ダイナースが現代のクレジットカードの起源であるとされています。

 

 

プラスチックカードの誕生

プラスチックカード

現代を生きている我々にとって、クレジットカードといえばプラスチック製のキレイなカードというイメージが強いですよね。
実は、クレジットカードがプラスチック製になったのは1960年頃といわれています。

 

それ以前は紙製で小さなメモ帳のようなものだったのです。
その当時、日本ダイナースクラブによってプラスチックカードの使用が考案され、それを欧米諸国が受け入れたという説が一般的です。

 

しかし、アメリカの銀行系や石油会社のクレジットカードは、日本ダイナースクラブよりも早い段階でプラスチック化したという説もあります。

 

日本では一般的な「日本ダイナースが世界初のプラスチックカードを発行した」というのは、恐らく世界のダイナースクラブの内で日本が初めてプラスチック化した、ということを受けて、国内のメディアが誤解をしたのではないかといわれています。

 

 

日本で誕生したのは1960年代?

日本で初めてのクレジットカードは、1960年に現在も大規模な商業施設を展開している「丸井」によって発行されました。
しかしクレジットカードとはいっても現在のクレジットカードのような機能はなく、ただの完済証明書のようなものであったとされています。

 

他には「高島屋」が三和銀行と提携発行したクレジットカードがあります。これは「お買い物預金制度」というものでした。

 

まず、三和銀行がカード発行希望者に5万円もしくは10万円の定期預金をさせます。
次に預金した額と同等の限度額で「お買い物カード」を発行し、そのカードがあれば現金を持たずに商品を購入できるというシステムでした。

 

日本で初めて、現代のクレジットカードと同じような機能を持つものが発行されたのは1961年。日本ダイナースクラブが発行したカードでした。
当時は、海外からの移住者や日本国内における富裕層(主に医者や弁護士など)をターゲットに絞り事業を展開していました。
それから後を追うような形でJCBのクレジットカードが誕生し、圧倒的なシェアを奪って全国展開していきました。
そうして現代のクレジットカードの基準が完成したのです。