クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の違いを解説します。

キャッシングとローン

クレジットカードを利用する際に「キャッシング」「ローン」といった言葉をよく耳にされるかと思います。普段何気なく使っているこれらのワードですが、皆さんは明確な違いをご存知でしょうか?
こちらではそういったクレジットカードの基礎的な知識を確認していきます。

 

 

ショッピング枠とキャッシング枠の違い

借金をする男性イメージ

クレジットカードを利用する上で知っておかなければならないのは「ショッピング枠」「キャッシング枠」の違いです。
簡単にいえば、「普段の買い物で利用できる金額」と「現金として借りられる金額」のことです。

 

まずショッピング枠についてですが、これはお店での買い物やネットショッピングなどで利用できる金額のことをいいます。
例えば限度額が50万円であれば、50万円を越さない範囲で買い物をして代金を翌月などに後払いにできます。
普段の生活でクレジットカードを使う場合は、ショッピング枠を利用して決済しているということになります。

 

次にキャッシング枠とは、現金を融資してもらえる金額のことですが、基本的にはショッピング枠の内の一部となっていることが多いです。
仮にショッピング枠が50万円、キャッシング枠が20万円とします。そこから限度額一杯の20万円を融資してもらった場合、ショッピング枠として使える金額は残りの30万円になってしまいます。
キャッシングとは借金のことであり、利用する際には金利や手数料などを上乗せして支払わなければいけません。

 

 

ローンとは?

ローンとは多くの方がご存知の通り「お金を借りること」という意味です。主に金額が大きい融資を指してローンといわれることが多いとされています。

 

現在ではマイカーローン住宅ローンなど様々な形のローンが存在します。多額の借り入れを少しずつ返済していかなければならないので、長期的な計画を立てる必要があります。
他にはカードローンというものもありますが、こちらは主な使い途を定めずに融資を受けるものになります。

 

 

カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングの特徴は上記で説明しましたが、違いはどこにあるのでしょうか?
融資を受けるという意味でこの2つは一致していますよね。
実はこれらは返済方法、金利、限度額が大きく異なります。

 

カードローンは審査によってあらかじめ決められている限度額を越さない範囲であれば、ATMなどから何度でもお金を借りることができます。返済方法は主にリボ払いや分割払いなどがあります。

 

キャッシングの特徴としては、「クレジットカードの機能を利用して、現金を借り入れる」という点が挙げられます。
返済方法は翌月に一括払い、もしくはカードローンと同じようにリボ払いという選択も可能です。しかしキャッシングはカードローンと比較しても金利が少し高めになり、限度額も少なめに設定されていることが多いようです。

 

月賦払いのルーツ