クレジットカードでは支払いはもちろんですが、その機能は多様化しています。

機能の多様化

現代の日本において様々な場面で利用されるクレジットカード。1950年代に誕生してから現在に至るまで、様々な銀行や企業により大幅な進化を遂げてきました。

 

最近のクレジットカードは支払い方法を柔軟に選択できたり、セキュリティ面を強化されていたりと沢山の機能が備わっています。
今回は多様化するクレジットカードの機能について解説していきます。

 

 

3つの支払い方法

指で3を表す手

クレジットカードは基本的にお金を「後払い」するためのツールです。買い物をした場合は、当然ですが後で支払いをしなくてはなりません。
その際に、自分で選んだ支払いの回数によって支払い方法が変わってきます。

 

支払い方法としては、

  • 翌月一括払い(ボーナス一括払い)
  • 分割払い
  • リボルビング払い

の3つに大きく分けることができます。

 

ここではこの3つの支払い方法について解説します。

 

翌月一括払い(ボーナス一括払い)

クレジットカードの基本的な支払い方法は一括払いとなります。一括で支払う場合には手数料がかからないことがほとんどです。
一括払いの中でも、1ヶ月分の代金をまとめて翌月に支払う「翌月一括払い」と、夏か冬のボーナス時に一括で引き落とす「ボーナス一括払い」の2つの方法があります。
後者のボーナス一括払いについては、比較的金額の大きな買い物の際に利用されるケースが多いようです。

 

分割払い

1つの商品を購入し、クレジットカードで決済を行う際に、2回までの分割であれば手数料がかかることはありません。しかし、支払回数が3回以上になると手数料がかかります。

 

リボ払い(リボルビング払い)

リボ払いは分割払いとは違い、複数の商品を購入した場合でも支払い残高に応じてあらかじめ設定した金額を毎月支払うという決済方法です。支払いは月々一定の金額なので、家計を圧迫しにくいという特徴があります。
しかしその一方で、金利や手数料などがかかってしまうため、支払総額で見ると割高になってしまいます。

 

 

多様化する機能や特典

クレジットカードを選ぶ基準として、機能や入会時の特典といった面を重視する方も多いのではないでしょうか。
一昔前からすると格段に使い勝手がよくなったクレジットカードの機能をご紹介します。

 

各種電子マネーへの対応

バスや電車の支払い、コンビニでの買い物など、様々な場面で電子マネーを利用する機会が増えています。
電子マネーの中でもたくさんのブランドがあり、それぞれに得意とするジャンルや利点などがあります。
最近のクレジットカードには電子マネーの機能がついているものが多く、あらかじめチャージした金額が少なくなると自動的にクレジットカードからチャージされるシステムなどもあります。

 

ETC

高速道路を利用する際にあると便利なのがETCです。最新の車などには標準で搭載されていることが多いですよね。
これは高速道路の通行料などをクレジットカードを通して翌月などに一括で支払うことができるシステムです。料金所をスムーズに通り抜けられることが最大の利点ではないでしょうか。

 

各種旅行保険

出張や旅行の頻度が高い方に人気なのが保険つきのクレジットカード。旅先で病気や怪我などをした時でも旅行保険に入っていれば安心です。
カードによっては1000万円まで保証してくれるようなサービスもあります。