一般カードからブラックカードまで、それぞれのカードランクを解説します。

クレジットカードのランクとは

私たちが普段何気なく利用しているクレジットカードには、"ランク"があります。
日常の消費行動においてカードのランクを気にする必要はありませんが、クレジットカードは私たちの想像以上に強い力を持っており、場合によって私たちの生活に影響を及ぼす程、強力です。

 

社会的地位の向上という効果

クレジットカードの作成には"審査"があります。審査を通過するためには、年収や勤続年数などあらゆる条件を満たさなければいけません。そのため、高位のカードを所有している人は、優秀な人材だというステータス証明にも繋がるのです。

 

それぞれのランクの特徴とメリット

クレジットカードを紹介する男性

クレジットカードはランクの違いを"色"で表現します。必ずしもカード本体の色とランクを表現する色が一致するとは限りませんので、注意しましょう。

 

一般的には、高位のカードほど高い年会費が必要です。しかし、その分所有するだけで受け取れる「特典」が豪華になります。それぞれのランクでの特徴、メリット・デメリットを確認していきましょう。

 

一般カード

「一般カード」は、クレジットカードとして最も入門的なランクです。持っているだけで高いステータスを示すことはできませんが、年会費が無料のカードが多く存在します。また、旅行保険やポイント還元といった特典が受けられるので、とりあえず作っておくだけでもメリットは大きいです。

 

ゴールドカード

「ゴールドカード」は、一般カードよりランクが上のクレジットカードです。ゴールド帯のカードから年会費が発生することが多く、金額は数千円~数万円が相場です。一般カードに比べてポイント還元率が良く、空港ラウンジが使用可能なカードも現れ始めるので、ステータスを示すカードとしての役割が生まれてきます。

 

プラチナカード

「プラチナカード」は、ゴールドカードよりランクが上のクレジットカードです。年会費は5万円~というカードが多く、医者や弁護士クラスになってようやく持つことに抵抗がなくなります。プラチナ帯では"コンシェルジュ"というサービスが利用でき、ステータスを示すには十分なランクのカードです。

 

ブラックカード

「ブラックカード」は、クレジットカードのランクで最も高位なカードです。ステータス性という点でも評価が高く、中でも"アメリカンエキスプレス・センチュリオンカード"と呼ばれるブラックカードは年会費35万円、入会金50万円に上り「何でもできるカード」と言われています。

 

ランクは「一長一短」

クレジットカードには、それぞれの役割を持ったランクがあります。高いランクのカードを所有していれば優待されるサービスも多いですが、一般カードでも便利な決済機能を使えるカードには変わりありません。
カードの年会費を負担に感じてしまう状況は好ましくないため、自分に最適なカードのランクでお買い物をより快適な時間に変えていくことが大切なのではないでしょうか。