リボ払いは一見便利に見えますが、下手すると大失敗するリスクがあります。

リボ払いのシステムを理解する

「リボ払い」は、毎月の支払金額が一定額になる支払い方法です。主にクレジットカードで利用される方法であり、利用限度枠の範囲内なら回数・金額問わず何度でも利用できます。毎月あらかじめ設定した金額しか請求されないため、支払い計画が立てやすいメリットのある手段です。

 

使い勝手が良さそうなサービスに潜む罠

メリットを確認する限りでは、リボ払いにそこまでの危険性は見受けられないように感じます。しかし、リボ払いを積み重ねることはオススメできません。周りの友人に相談すれば「絶対にやめておいた方が良い」と言われてしまうデメリットをご紹介いたします。

 

高額な手数料

高額な手数料を抱える男性

リボ払いを選択すれば、毎月の返済額に加えて「手数料」が発生します。最も一般的な手数料率は「年率15%」です。基本的な計算式は「リボ代金支払時の残高×年率÷12」で、毎月の残高に応じた手数料が計算されていきます。

 

例えば10万円のリボ払い残高がある人が年率15%の手数料で毎月1万円ずつ返済した場合、初回支払時の手数料は「10万円×0.15÷12=1250円」で、これに返済額を加えた「11,250円」の支払いが必要です。

 

10万円程度ならば可愛いものですが、これが100万円なら話は別です。100万円の残高があるリボ払いで毎月1万円の支払いで済まそうとすれば、手数料だけで「12,500円」の計算になります。

 

利用額が増えれば触れるほど返済が苦しくなる"借金地獄"のような仕組みこそが、リボ払いにおける最も大きな落とし穴なのです。

 

返済残高が確認しづらい

もう1つのデメリットが「返済残高が確認しづらい」という点です。Webで確認できる場合もありますが、会社によっては電話で問い合わせなければ残高が確認できない場合もあります。

 

リボ払いの利用者は「毎月払っていればそのうち返済できるだろう」と考えがちですが、気づかぬうちに残高が膨れ上がり、半分以上手数料の返済をしているケースも少なくありません。残高管理が厳しく出来なければ、意図せぬうちに危険な資金繰りに足を踏み入れてしまいます。

 

分割払いとの違い

特にクレジットカードを利用する場合は、分割払いとリボ払いのいずれかが選択可能です。一見似たような支払い方法ですが、両者には大きな違いがあります。

 

リボ払いは前述したとおり"毎月の支払額が一定になる支払い方法"で、分割払いは"買い物ごとに回数を分割した支払い方法"です。例えばパソコンの購入時に12回払いを選択すれば、パソコンの金額分の引き落としに限って12回に分けた支払いが行われます。

 

何も知らずに使い続けると自己破産に繋がる

リボ払いは賢く利用すれば便利なサービスです。しかし、多くの人が何も考えず「返済額が安定して楽になる」という具合にメリットだけを考えてしまいます。性質としては"借金"と同じくらいの危険性がありますので、その事実をしっかり理解した上で利用する心構えが大切なのではないでしょうか。